⑤【心の土台】しつけの時期~恥じない社会人になる為に~3才~6才

子育て

 

⑤【心の土台】しつけの時期 ~恥じない社会人になる為に~3才~才

 

 

心の育て方は

このように、初めに心の土台となる
自己肯定感を育て、次に「しつけ」・「勉強」を
身に付けていきます。

 

今回は、真ん中の「しつけ」
についてお伝えしていきます。

 

子供のしつけのポイント4つをお伝えしていきます。

 

①「怒る」と「叱る」
➁「甘えさせる」と「甘やかす」
③大切魔事は何度も伝える
④「親の背中を見て子は育つ」

 

以上です。
では、一つづつ詳しくお伝えしていきます。

 

①「怒る」と「る」

では、初めに「怒る」と「叱る」を
理解していきましょう。

 

この言葉は、とても似ています。
しかし、意味は全く違います。

 

では、「怒る」とは
自分の感情をぶつけるだけです。

 

例えば
何だかイライラする時
意味も無く物に当たったり…

いつもは気にしない事に対して
怒鳴ったりと

自分の発散しかありません。

 

次に「叱る」とは
成長のアドバイス、次への改善を
伝える事です。

つまり
教育的な目的があるのです。

 

結果
怒られ続けた子供は
自己肯定感が下がるばかり

叱られた子供は
自己肯定感は上がります。

 

「甘えさせる」と「甘やかす」

次に「甘えさせる」と「甘やかす」に
ついてお伝えしていきます。

 

初めに「甘やかす」とは
子供の言われるがままに買い与える事。

つまり
物質的な要求に応えてしまう事です。

例えば
子供は…○○買ってぇ~とダダをこねます。
親は…うるさい、面倒くさいなどの理由で買ってあげてしまう。

 

では「甘えさせる」とは
子供の感情に応えてあげる事。

つまり
情緒的な要求に応える事です。

例えば
子供が「抱っこして~」と言って来たり
「本読んでぇ~」と言って来た時に応えてあげる事です。

 

結果
物質的な甘やかしの子育ては
将来、心の寂しさを物で埋めようとしまうでしょう。

情緒的に甘えさせあげる子育ては
自立した人間になるでしょう。

 

大切な事は何度も伝える

次に「大切な事は何度も伝える」に
ついてお伝えしていきます。

 

「何度言ったら分かるの?」

子育てをしていると何度も口にしてしまう方が
多いと思います。

その度にイライラもしてしまうと思います。

 

しかし、何度も言うと言う事は
あなたの子育てでとても大事なことなんです。

 

ほとんどの子供は1回、2回ではわかりません。

根気よく何度も何度も伝えて行きましょう。

 

親の背中を見て子は育つ

では、最後に
「親の背中を見て子は育つ」に
ついてお伝えしていきます。

 

この言葉は、多くの方が耳にしたことが
あると思いますが
改めて意味をお伝えてします。

 

「親の背中を見て子は育つ」とは
子供は親のやっている事を見てそれが当たり前の事とおもって
自分の常識にしてしまう。

 

つまり、あなたの言葉、行動がそのまま
子供の人生にも関係していくのです。

 

ですから
親として、人として、行動、言葉遣いなどを
気を付けていくべきなんですね。

「子供が生まれてから○○さん変ったよね」
なんて人も見かけたりするのも
この言葉の影響の一つなのかもしれませんね。

 

 

また、
「勉強の時期」についても
合わせてご覧なって下さい。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

     

子育てについて 分かった事の一つを無料プレゼント

 
3人の母として
2人の叔母として

1人の祖母として

子育てで大切な物
子育てでわかった事で

子育ての環境もママ自信も子供自身も

大きく変わりました。

勿論
初めから上手くはずもなく
初めの2人の母としては最悪の母でした。


私は
ネットと言う広い世界で
あるきっかけである人と出会う事で

180度変れる
子育てが実現できたのです。

出会とは
必要な時に必要な人と合わせてくれるものです。

そして今の私と同じようなママが増えれば
1度きりの子育てを笑顔であふれる子育てが出来ると思っています。

その理念から 母として叔母として祖母として
子育てについて分かった事の一つをまとめてみました。

10分程度ですぐに読み終わる内容なので
是非、一度読んでみて下さい。

「親と子と心のケア術」読んでみる

最後まで読んで頂きありがとう。

 

⇣⇣⇣公式LINEの登録はこちら⇣⇣⇣

コメント

タイトルとURLをコピーしました