子供が学校を休みがち!本音を知る為に親がとるべき行動とは?

未分類

 

こんにちわ。らんです。

 

いま、この「子供が学校を休みがち!本音を知る為に親がとるべき行動とは?」を見ている

あなたは、最近、子供が学校を休みがちで

誰にも相談出来ずに悩んでいるんじゃないでしょうか?

朝になるとなかなか起きなくて、起きたと思ったらダラダラして

「学校やすむ~」のオーラ全開に「お腹痛い」「頭痛い」と言う子供。

休むと決まったら!
徐々に元気になり

テレビを見たり、
ゲームをしたり、

「疲れただけだったのかなぁ」なんて安心したのもつかの間

また2,3日行ってまた同じ事の繰り返しが続くと
流石に心配になり、心配と不安で落ち着かない日々になってしまいますよね。

その心配と不安で落ち着かない日々の気持ち。
私も分かります。

気軽にママ友に相談出来る事じゃないし、家にいる時の子供は、熱があるとかじゃなく、いたって健康でむしろ元気!

なのに、なぜ?すぐ学校を休むの?と頭の中が「?」マークでいっぱいでした。

しかし!

今は、その「?」が頭の中から無くなり、子供も朝から元気に学校に行くことが出来ています。

これは、私だからではなく
今回お伝えする

「子供が学校を休みがち!本音を知る為に親がとるべき行動とは?」をしっかりと理解して実践できたからです。

なので、今回私と同じ様に子供が学校を休みがちで誰にも相談出来ずに頭の中が「どーして?」「どーしよう」でいっぱいのあなたの為に

子供が学校を休みがち!本音を知る為に親がとるべき行動とは?についてお伝えしますね。

この記事を読むと

・学校を休みがちになる理由がわかる。
・理由がわかり安心できる

・子供の本音を知る方法がわかる。
・子供の気持ちに寄り添う事ができる

・子供の休みがちの対処法がわかる。
・正しいサポートができる

このように、子供が学校を休みがちについて、大きな変化が訪れ、子供と寄り添い新しい生活ができます。

この記事を読まないと

・学校を休みがちになる理由がわからない。
・理由が分からず心配

・子供の本音を知る方法がわからない。
・子供に寄り添う事ができない

・子供の休みがちの対処法が分からない。
・正しいサポートが出来ない

このように、子供が学校を休みがちでも、どーしていいのか分からななく、子供に寄り添う事も出来ず、心配と不安のに日々。

ここまでこの記事を読んで
子供が学校を休みがち!本音を知る為に親がとるべき行動とは?を見る必要がない人は、このまま閉じてしまって大丈夫ですよ。

しかし!

ここまでこの記事を読んで、
子供の本音を知りたい人、子供の力になってあげたい人は、この記事を最後まで読む事で

子供との絆が深まり、また新たな生活が送れます。

学校を休みがちになる理由がわかる

covid19, アパート, インドアの無料の写真素材

子供が学校を休みがちになっていると言う事は、
少なからず何かしらの理由があるはずです。

それは、環境的な理由、気持ち的な理由、周りの人間関係など理由は様々です。

なので、今回は学校を休みがちになってしまうと思われる理由についてお伝えしますね。

友達関係

子供の頃、この問題で悩んだ事を経験してる大人の人も多いかもしれない「友達関係」

何気ない一言
大人からしたら「そんな事」と思う事でも、何気ない友達の一言でも傷つき、悩んでしまうものです。

例えば

  • 「○○ちゃん、遅いからねぇ~」
  • 「こんな事も分からないの?」
  • 「えぇ~持ってなの?」

友達からの何気ない一言で
今まで気にしていなかった事が気になり、ネガティブになってしまいます。

グループ
クラスには、
仲良しグループがいくつか出来ますが、その小さなグループごとの悩みがあるものです。

例えば

  • 大人しいグループにハキハキした子が入って来て言いたいことも言えない。
  • 突然他の子が入って来て、今まで仲良かった子を取られ、孤独感。
  • 今のグループから離れたいのに、離れられない。

仲良しグループ=学校生活と言ってもいいぐらい。グループは大きな存在です。

先生が嫌い

学年が上がる度に、あなたも
「○○先生だけは嫌だぁ~」なんて願った経験が

1度はあるんじゃないかと思いますが

「嫌な先生」と言うと理由はそれぞれあると思いますが以下の様な先生が原因の可能性もあります。

厳しい

  • 生活態度に対して厳しい。
  • 忘れ物にたいして厳しい。
  • 厳しすぎて怖い。

ビクビクしながらの学校生活に嫌になってしまう可能性があります。

話し方キツイ

  • 大きい声で淡々とした話し方。
  • 決めつけるような話し方。

大人しい子やメンタルが弱い子には、毎日が辛くなってしまう可能性があります。

勉強がついて行けない

勉強は個人差によって差が出てきてしまい、他の子と比べてしまったり、
テストの点でネガティブになってしてしまう事が原因になる可能性があります。

勉強が分からない

  • 授業が早い。
  • 先生の授業が分かりずらい。
  • 個人的に理解できるまでに時間がかかる。

「分からない」が解決出来ないまま進んでしまい、だんだんと孤独感を感じてしまう可能性があります。

勉強法が分からない

  • どこから何をやればいいのか分からない。
  • 予習復習のやり方が分からない。

家での勉強がわからないので
家で勉強をしない=勉強が分からない=ついて行けないになってしまう可能性があります。

面倒くさい

体がだるい、優鬱、と体調の変化からくる

「行くのが面倒くさい」

以下の様な事が原因として考えられますが、学校に行ってしまえば解決してしまう事が多いです。

朝の支度

  • 洗顔、歯磨き、身だしなみ
  • 学校までの距離

疲れ・だるさ

  • 毎日の学校生活
  • 習い事や塾

思春期

  • 何もかもが面倒くさい
  • 自分でも分からない

一時的な事なら、心配は必要ありませんが、長引かないように注意は必要ですね。

 

以上が、学校を休みがちになってしまうと思われる理由でしたが、実際本人の本音はどーなんでしょうか?

子供の本音を知る方法と注意点がわかる

床に座っている2人の女の子

休みがちの子供に理由を聞きたくても
聞かない方がいいのか?思い切って聞いた方がいいのか?

子供の性格や環境でも違ってくると思います。
なので子供が学校を休みがちな理由を知る方法と注意点をお伝えしますね。

ストレートに聞く

「ストレートに聞く」と言っても、子供の性格などもあるので注意が必要です。

聞くタイミング、親子関係、言い方など気を付けなけれがいけません。

例えば
タイミングとしては

  • 学校を休んだ日に
    「最近学校休む日が多いよね?何かあった?」
    など、一度子供に「休みがちな」事を確認してから聞くようにしてみましょう。

親子関係としては

  • 普段から何でも話せる親子関係がないとストレートに聞くのは難しいので、より注意が必要になってきます。

言い方としては

  • 落ち着いて、リラックスして、子供と同じくらいの目線で、仲の良い友達と話すみたいに優しく話しするように心がけましょう。

話てくれた後は、「ありがとう」の一言をさり気なく伝えてあげると、いいかもしれませんね。

周囲から聞く

学校の先生や仲の良い友達から聞いてみる事で分かる事もあるかもしれませんが、この時も同じく、子供の性格や環境など気を付けなければいけません。

例えば
性格として

  • 自分(子供)が知らない所で親が、こそこそ友達とかに聞いたりしてることが嫌がる子供には、適さないので、注意が必要です。

子供の性格など把握してから行動しましょう。

手紙やLINE

直接 話が出来ない時や親子関係が万全でないと感じる人は手紙やLINEの方法もあります。

例えば

  • 何かあったらいつでも言ってね。いつでも○○の味方だから。

など普段なかなか言えない事も全部伝えるチャンスだと思います。

子供の休みがちの対処法がわかる

インタラクション, インドア, キッドの無料の写真素材

子供が学校を休みがちになる「理由」子供の「本音」を聞く事が分かったら「対処法」です。

対処の仕方で大きく変化するので注意をしなければいけません。

例えば

対処の仕方を間違えると

  • 親子の信頼関係がくずれてしまう。
  • 休みがちが不登校になってしまう。

などの可能性があります。

正しい対処法として、以下の事をお伝えしますね。

否定をしない

良く耳にする言葉だと思います。しかし、「否定をしない」と言う事はどんな事なのか?ピンと来ないかもしれませんよね。

例えば
子→学校行きたくない!
母→そうかぁ

子→○○ちゃん嫌だ!
母→そうなの?

など、子供の言う事をただ受け入れて、聞き上手になりましょう。

共感する

子供が言った言葉に「共感」をする事ですが、時には「え~それは…」と思う事もあるかもしれません。

例えば

  • 学校遠い!どこでもドアがほしい!
  • 先生のダジャレつまんない!
  • 宿題多すぎ!

など、思わず返事に困ってしまう時も「共感」して

  • どこでもドアいいよねぇ~。
  • そうなの(笑)どんなダジャレ?
  • ほんとだよね。

など、「共感」して会話を楽しくするように心がけましょう。

褒める

学校を休みがちなのに、褒めるなんて出来ない。
なんて思いがちですが、会話をしていると褒める所があるはずです。

例えば

  • 登校班で班長が先に行っちゃったから1年生と一緒に行った。
    →「偉かったね」「ありがとうね」
  • 今日、雨でびしょ濡れだったぁ~
    →「頑張ったね」

など、当たり前の事かもしれませんが、当たり前の事をした事を言葉にして褒めてあげましょう。

褒められて嫌な気持ちになる人はいません。特に子供は褒められると嬉しいものです。

信じる

心配し過ぎて、学校を休むと言う事はよほどの事があるはず!なんて勝手に思い込んで、以下の様な言葉を何回も聞くのはNGです。

  • 学校で何かあったぁ?
    「何にもないよ」
  • 学校で嫌な事あったぁ?
    「別にないよ」

子供の言い方や普段の様子などを思い浮かべ
変わらない様子ならば、いろいろ聞きたい気持ちを抑えて

後は「見守り」ましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

子供が学校を休みがちになってしまいますが、焦らず、落ち着いて

子供の性格や環境などを考え、子供に合った対処法を実践してみましょう。

最後にもう一度振り返ってみましょう。

学校を休みがちになる理由

・友達関係
・先生が嫌い
・勉強がついて行けない
・面倒くさい

 

子供の本音を知る方法と注意点

・ストレートに聞く
・周囲から聞く
・手紙やLINE

 

子供の休みがちの対処法

・否定をしない
・共感する
・褒める
・信じる

 

以上が、子供が学校を休みがち!本音を知る為に親がとるべき行動とは?についてでした。

子供にとってデリケートな問題ですが、真剣に力になってあげられるのは

あなた!だけです。

一緒に乗り越えていきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました