2人目!高齢出産のリスクとは?出産までの過ごし方

未分類

 

こんにちは。らんです。

今!この「2人目!高齢出産のリスクとは?出産までの過ごし方」を読んでいるあなたは

年齢的に出産が「高齢出産」になってしまい

高齢出産=リスクが高い。と言う事に悩んでいるんじゃないでしょうか?

授かった命。

でも!
まさかこの歳で!

「高齢出産」の言葉が頭をよぎり思わず
「この子が○○才の時私は○○才!あぁ~」と計算してしまったり

「リスク」と言う言葉も同時に頭をよぎり
「諦めた方がいいのかなぁ~」とネガティブになってしまったり

「高齢出産」は素直に喜べなかったりしますよね。

わかります。
私もあなたと同じ気持ちで悩みました。

1人目の時は31歳で出産でしたが、2人目の時は38歳で出産!

家族や友達に言うのも言いずらかったですし、内心「リスク」が心配で、心配すればするほどネガティブになっていましたが

今は、「高齢出産」したことを素直に喜んで
「高齢出産=リスク」の事で悩んでいたことを忘れてしまうくらい楽しく笑顔で育児をしています。

これは、私だからではなく、ポイントとして今回あなたにお伝えする

2人目!高齢出産のリスクとは?出産までの過ごし方。を理解し、実践できたからです。

なので、今回以前の私のようにせっかく授かった命を「高齢出産=リスク」で素直に喜べなくて悩んでいるあなたの為に

2人目!高齢出産のリスクとは?出産までの過ごし方。についてお伝えしますね。

この記事を読むと

・高齢出産のリスクがわかる。
・リスク内容が分かり安心出来る

・高齢出産のリスクの予防と対策が分かる。
・予防と対策がわかり安心できる

・高齢出産までの過ごし方が分かる。
・安心、安全に過ごす事ができる

・高齢出産のメリットがわかる。
・自信と安心がもてる

このように、あなたの高齢出産について大きな変化が訪れ、高齢出産まで安心して過ごす事ができます。

この記事を読まないと

・高齢出産のリスクがわからない。
・リスクの内容が分からず不安

・高齢出産のリスクの予防と対策がわからない。
・予防と対策が分からず不安

・高齢出産までの過ごし方がわからない。
・安心、安全に過ごす事が出来ない

・高齢出産のメリットがわからない。
・自信と安心がもてない

このように、高齢出産まで不安と心配だらけの過ごし方。

ここまでこの記事を読んで
2人目!高齢出産のリスクとは?出産までの過ごし方について知る必要がない人や興味がない人は、このまま閉じてしまって大丈夫ですよ。

しかし、逆に

ここまでこの記事を読んで、2人目!高齢出産のリスクとは?出産までの過ごし方についてを
知りたい。興味がある。あなたは

この先、この記事を最後まで読む事で、あなたに大きな変化が訪れ楽しい高齢出産が出来ます。

高齢出産のリスクとは?

3dスキャン, 3d超音波, インドアの無料の写真素材

高齢出産と言うと「リスクが高くなる」と耳にしたことがあると思いますが、以下のようなリスクを耳にしたことがあると思います。

妊娠中のリスク

流産の可能性が高い。

母親の年齢が高くなるほど卵子も老化し、染色体の異常が起こりやすくなるため、流産の確率が高くなります。

 

妊娠高血圧症候群,妊娠糖尿病になる可能性が高い。

原因は明確には解明されていませんが、血縁者に高血圧の方が多い場合や妊娠前から体重が重い方、年齢が高い方は発症のリスクが比較的高いと言われています。

 

合併症の発生頻度が高い。

「前置胎盤」、「胎盤早期剥離(はくり)」などの合併症の発生頻度が高くなります。

 

子宮筋腫や卵巣腫瘍などの婦人科合併症も増える。

妊婦健診で子宮頸がんにかかっていることがわかったり、乳がんが発見されたりするケースも、年齢が上がるほど増えます。

 

年齢が高くなると若い時以上に気を付けなければいけませんね。

分娩中のリスク

分娩誘発や陣痛促進を必要とする率が上昇する

子宮内感染の疑い、妊娠高血圧症候群など、妊娠を継続することで母体に危険が及ぶ恐れがあるときなど

 

帝王切開率や器械分娩率が上昇する

常位胎盤早期剥離、前置胎盤の大量出血時、臍帯脱出 など

 

分娩時出血量が多い傾向

前置胎盤といわれる子宮の出口に胎盤が覆ってしまう病気の場合、分娩時に大量出血が起こりうる

 

障害を持った赤ちゃんが生まれる確率が高い。

ダウン症などの染色体異常が起こる確率は高まります。 これは、卵子の老化により染色体の分離がうまくいかなくなることが原因と考えられています。

 

妊娠中のリスクが分娩時に影響が出てしまいます。妊娠中がいかに大切な時期なのかが改めてわかりますね。

年齢が高くなくても妊娠、出産には付き物の
「リスク」ですが、年齢が高くなると体力や健康状態などに関係しリスクが高くなってしまいます。

高齢出産のリスクの予防と対策

3dスキャン, 3d超音波, インドアの無料の写真素材

高齢出産のリスクがわかった事で、以下の様な事を気をつけながら予防と対策をする事で、リスクを下げる事が出来るので参考にして下さいね。

流産の予防

流産の確率としてはやはり、年齢を重ねる事に健康な卵子を排卵する事が難しくなり、受精したとしても上手く細胞分裂出来ずに流産してしまいます。

予防としては
・思い荷物を持たない。
・激しい運動はしない。
・タバコ、アルコール、カフェイン、香辛料など控える。
・体を冷やさない。

流産の確率が高い事を心がけ、予防しながら日常生活をおくりましょう。

妊娠高血圧症候群,妊娠糖尿病の予防

「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」が発症してしまうと、赤ちゃんとママ自身の命が危うくなったり、産後の病気のリスクが高くなったりするといわれています。

予防としては
・妊婦健診を毎回受けること
・栄養バランスの良い食事を心掛けること
・適度な運動

その都度、あなたと赤ちゃんの健康状態に合わせて、ウォーキングやマタニティヨガなどをしても良いかもしれませんね。

子宮筋腫や卵巣腫瘍などの婦人科合併症の予防

妊娠中、婦人科の合併症と言えば、子宮奇形,子宮筋腫,子宮頸癌,卵巣腫瘍などですが、発症してしまうと、やはり、赤ちゃんとママ自身の命が危うくなったりするリスクが高くなったりするといわれています。

予防としては
・妊婦健診を毎回受けること

妊婦健診では血圧測定と尿検査を毎回行うため、変化があれば、医師からの適切な指導や治療を早期に受けることができます。

高齢出産までの過ごし方

アダルト, アパート, インドアの無料の写真素材

高齢出産までの過ごし方は、上記の様な事を心配して気にして過ごす事ではありません。

本来、高齢出産までの過ごし方は、とても簡単なことです。

  • 赤ちゃんの為に良い音楽を聴く
  • 赤ちゃんの為に食事を気をつける
  • 赤ちゃんの為に体力をつける

 

など、「高齢出産だから」と神経質になりすぎずに、お腹の中の赤ちゃんと一緒に楽しむ事です。

あなたと赤ちゃんは一心同体なんです。

あなたが、赤ちゃんの為にと思って心配したり
赤ちゃんの為にと気を使いすぎては、赤ちゃんはつまらないですよ。

赤ちゃんに会える日まで楽しい日々を過ごす事がリスクを下げ、高齢出産までの過ごし方なんです。

「高齢出産」と言う言葉は、頭の隅っこの方に置いておいておきましょう。

高齢出産のメリットとは

赤ちゃんを抱く母親

高齢出産と言うとデメリットのイメージが強く思われてる方もいますが、高齢出産ならではのメリットがあるんです。

  • 「40歳以上の親から生まれてきた子どもは言語の発達が早い」
  • 「子どもが怪我をする危険性や入院率が低い」
  • 「母親の年齢が高いと親子間の衝突が減少する」というようなことがイギリスのロンドン大学が行なった調査で発表されています。

理由として
「年齢を重ねてきた知識と心の余裕」が高齢出産ならではのメリットなんじゃないかと思います。

実際に20歳で子供を出産した時は
妊娠、出産、子育てが初めての事ばかりで知識も余裕も無く、右も左も分からず、子供の気持ちより自分の事でいっぱいでした。

しかし

高齢で出産した時は
妊娠、出産、子育てと経験しているのである程度の知識や心の余裕もあり、子供の気持ち、怒り方、愛情表現の仕方なども分かるようになり、笑顔が多い生活を送れます。

年齢を重ねた分、若いママ達より沢山の経験をしてきた事を活かして笑顔で余裕のある子育てが出来るようになるんですね。

まとめ

いかがでしょうか。

高齢出産には、やっと授かった命や思いもよらずに授かった命など様々ですが、この年齢で授かった事に運命を感じます。

「高齢出産」と言う壁を楽しく乗り越えていきましょう。

その為にも
最後にもう一度振り返ってみましょう。

高齢出産のリスク

妊娠中のリスク
・流産の可能性が高い。
・妊娠高血圧症候群,妊娠糖尿病になる可能性が高い。
・合併症の発生頻度が高い。
・子宮筋腫や卵巣腫瘍などの婦人科合併症も増える。

分娩中のリスク
・分娩誘発や陣痛促進を必要とする率が上昇する
・帝王切開率や器械分娩率が上昇する
・分娩時出血量が多い傾向
・障害を持った赤ちゃんが生まれる確率が高い。

 

高齢出産のリスクの予防と対策

・流産の予防
妊娠高血圧症候群,妊娠糖尿病の予防
・子宮筋腫や卵巣腫瘍などの婦人科合併症の予防

 

高齢出産までの過ごし方

・「高齢出産だから」と神経質になりすぎない

 

高齢出産のメリット

・「年齢を重ねてきた知識と心の余裕」

 

以上が、高齢出産のリスクとは?出産までの過ごし方。についてでした。

高齢で授かった命。この小さな命に運命を感じます。

穏やかな妊娠生活を送り、健やかな赤ちゃんを産みましょう。

「高齢出産」と言う壁を一緒に乗り越えていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました