子供の人見知りこの先心配!焦らない対策法

未分類

こんにちは。らんです。

「子供の人見知りこの先心配!焦らない対策法」

この記事を読んでいるあなたは、子供が家では大きな声で笑ったり、面白い事をやるのに

初めて会う人がいる場所では、あなたから離れなくなってしまうほどの人見知りな事に悩んでいるんじゃないでしょうか?

大人に対しての人見知りは勿論。
子供同士でも初めて会う子にはまるで別人

大人しくなってしまって自分にべったりな子供を見ると親としては心配になり悩みですよね。

私もあなたと同じ悩みを抱えていました。

大人の人に「こんにちは。」と言われてもうなずく事が精一杯な子供。

友達の子供が「遊ぼう」と言われてもなかなか遊べない子供。

しかし!

今ではあの人見知りで心配で悩んでいた子供も元気に挨拶出来るようになり
友達も出来て楽しい毎日を過ごしています。

これは私だからではなく、ポイントとして

子供の事を理解して、親が正しいサポートが出来たからです。

なので、今!

子供の人見知りが心配で悩んでいるあなたの為に
今回「子供の人見知りこの先心配!焦らない対策法」についてお伝えしますね。

この記事を読むと

・人見知りの原因が分かる。
・理解出来て安心できる。

・人見知りの対処法がわかる。
・正しい対処法で安心できる。

このように、子供の人見知りについて大きな変化が訪れ
心にゆとりが出来ますよ。

この記事を読まないと

・人見知りの原因が分からない。
・理解出来ずに心配が膨らむ。

・人見知りの対処法が分からない。
・間違った対処法で益々人見知りが激しくなる。

このように、この先も心配しつづける不安な子育て。

ここまで読んで子供の人見知りこの先心配!焦らない対策法について私の
子供には関係ないと思う人はこの先は読まなくて大丈夫です。

しかし

子供が人見知りで毎日不安や心配しているあなたが、この子供の人見知りこの先心配!焦らない対策法を読む事で

子供の人見知りも笑顔で見守る事が出来るようになり心にゆとりをもって子育てが出来るようになります。

人見知りは成長の証

白の長袖シャツと赤の女の子の横に床に座っている緑のズボンの男の子

初めての人見知りは、個人差もありますが

生後6ヶ月ごろから、いつも一緒の人と知らない人の区別がつき始め、人見知りが始まった子も多いと思います。

赤ちゃんの人見知りは、それほど心配するママはいないんじゃないかと思います。

それは!

赤ちゃんの成長の一つとして
「6ヶ月頃からいつも一緒にいてくれる人と知らない人の区別が出来るようになます。」

など、子供の成長の時期として認識されているから
心配より嬉しいと感じるママが多いかもしれませんね。

このように子供の人見知りは成長の証なんです。

では、1歳から4歳までの人見知りはどんな成長があるのか詳しく見てみましょう。

1歳の人見知り

焦る事はないです。

人見知りは個人差はありますが、生後6ヶ月頃から1歳半、2歳まで続く事があります。

以下の様な事があっても自然な事なので笑顔で子供の成長を見守ってあげましょう。

例えば
・知り合いの人に「こんにちわ。」と声かけられてもガン見だけしてプッイしてしまう。

・久しぶりに会う人に抱っこして貰う気になったら真剣に大泣きしてしまう。

・同じぐらいの子供が近くに来てもママの服をしっかり掴んだまま離れない。

親としては思わずため息が出てきちゃうと思いますが、小さいながらも成長してると思って見守ってあげましょう。

2歳の人見知り

自己主張の成長。

歩けるようになり、おしゃべりも
出来るようになると大人の真似などをして

自分で何でもやりたがったりと

自分の気持ちを主張する時期と同時に
2歳ごろから人見知りが始まる子供もいます。

例えば
・つい最近までは誰とでも時間をかけずに遊んだりしていたのに2歳になった頃からどこへ行ってもママから離れなくなってしまった。

・遊具で遊んでいる時、知らない子が来るとすぐママの所に来て離れなくなってしまう。

子供にとって、知らない人がいるから安心出来る人の傍に居たいと言う自己主張の成長を受け入れてあげましょう。

3~4歳の人見知り

個性を大切に!

保育園や幼稚園などに通い始め、1人で遊ぶ子もいれば、人見知りだった子が和らだ子もいます。

保育園や幼稚園では大丈夫だけど公園や知らない人が居ると黙ってしまう子もいます。

例えば
・保育園、幼稚園など「園」の中では知らない先生でも子供でも話ができるのに公園などで知らない子が傍に来ると黙ってママの所に戻ってきてしまう。

・お店でおもちゃを見ている時同じくらいの子が話かけてきたら黙ってママの所に戻ってきてしまう。

子供なりに、緊張、恥ずかし、不安いろんな感情が芽生えて成長しています。
その感情に寄り添ってあげましょう。

人見知りのサポート

階段に座っている3人の子供

子供の人見知りは成長の証と言え、何もしないでただ見守ると言う訳ではないです。

生後6ヶ月頃の赤ちゃんが初めて会う人と会って泣いたらあなたは

「大丈夫よ~」と安心する言葉を赤ちゃんに声をかけながら抱っこしますよね。

このように年齢に合わせて子供の人見知りの時の
サポートをしてあげましょう。

1歳のサポート

初めて会う人、初めて行く場所、興味はあるもののまだまだ不安な時期。

例えば
・家に初めてあなたのお友達が来た時にジーと見て友達が「おいで」と声をかけたら泣いてしまった。

・初めてお友達の家に行ったら、ママの服を掴んだまま離れようとしない。

泣いたり、離れない時は、しっかり抱っこして子供に安心させてあげましょう。

お家の近くなど散歩しながら近所の人に会ったらあなたが先に挨拶をして子供にお手本を見せなが

親子の信頼関係を築く事がこの時期は大切ですね。

2歳のサポート

「イヤイヤ時期」など自己主張の時期。

例えば
・急に機嫌が悪くなり、何を言っても
「イヤ」「ヤダ」ばっかり。

・夕方忙しい時間に限って
ママにべったりで離れない。

機嫌が悪かったり、離れない時は、子供の気が済むまで付き合ってあげましょう。

様子を見て、少しずつ人と接する時間や機会を増やしていきましょう。

ほとんどの子が通る成長の過程なので安心して見守ってあげましょうね。

3歳~4歳のサポート

個性が出て来る時期。

例えば
・幼稚園などで一人で遊んでいる。

・いつも先生にべったり。

個性も成長も差が大きくなる時期です。

他の子と比べずに、笑顔で見守ってあげましょう。

まとめ

キッズ, ハッピー, わくわくの無料の写真素材

いかがだったでしょうか?

子供の人見知りは、ついつい心配になってしまいますが、子供はたくましいものです。

しかし

子供があなたを必要とする時は、しっかりと受け止めてあげましょうね。

最後にもう一度簡単に振り返ってみましょう。

人見知り成長の証

・1歳の人見知り→焦る事はない。

・2歳の人見知り→自己主張の時期。

・3~4歳の人見知り→個性を大切に。

 

人見知りのサポート

・1歳→抱っこして安心させる。

・2歳→気が済むまで付き合う。

3~4歳→他の子と比べない。

以上が、子供の人見知りこの先心配!焦らない対策法についてでした。

子供の成長を笑顔で一緒に見守ってあげましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました