反抗期?不登校!親子の距離が離れてしまう!母親のやるべきこととは?

未分類
スポンサーリンク

 

こんにちは。らんです。

反抗期?不登校!親子の距離が離れてしまう!母親のやるべきこととは?

この記事を読んでいるあなたは、子供の反抗期もしくは、不登校で悩んでいることだと思います。

つい最近まで元気に学校へ行っていたのに、週1で休むようになり、それが週2日、週3日、ついには今週1日しか学校に行ってない事に!

そーなると学校から電話がかかって来たり、それでも学校行かなかったら担任の先生が家庭訪問に来ていろいろと家庭状況などを聞かれることになってしまいます。

親としては悩みの種。

あなたは、子供が成長する度に「いつかこの子も反抗期があるんでろうな」と心のどこかで準備していたと思います。

私も準備をしていたし、今も準備をしています。

しかし、実際、自分の子供が反抗期や不登校になってしまったら、ど~していいのか分からなくなってしまうものです。

なぜかと言うと、次のようなことがあげられるからです。

反抗期
・突然、今まで聞いた事のない言葉遣いをする子供に戸惑ってしまう。
・今まで、言う事を聞いてくれてたのに全然聞いてくれない。
・質問に答えてくれない。

今までとはまるで別人の様な我が子に戸惑ってしまうのです。

不登校
・不登校は、新学期や週明けの時期をきっかけに起こる傾向があります。
・理由がはっきり分かっている不登校。
(友達関係、勉強、先生など)
・本人も理由が分からない不登校。

 

今回はこの「反抗期」と「不登校」について悩んでいるあなたの為に実際に私が体験した事で
解決出来た事感じた事をお伝えしたいと思います。

この記事を読むと

・不登校の克服法がわかる。
・反抗期の親子の接し方がわかる。

 

この記事を読まないと

・反抗期も不登校もエスカレートして人に迷惑をかけたり警察沙汰になってしまう。
・親子の距離が離れて帰って来なくなってしまう。
・母親失格と言われてしまう。

ここまで読んで
「私の子供は大丈夫」
「私の子供に限って反抗期や不登校はない」と思っているあなたは
これから先この記事を読む必要はありません。

しかし!最近子供が反抗期に入った感じがする
どーしたら良いか分からないあなたや

最近子供が学校を休み気味で心配のあなたは、
この先この記事を読む必要があります。
なぜなら

反抗期も不登校もデリケートな問題です。

今回私が実際に体験をした事を、あなたにお伝えする事で子供の反抗期、不登校への
不安が少しでも無くなり母親としてやるべき事がわかります。

子供の「反抗期」「不登校」を乗り越えて行く事が出来れば嬉しいです。

一緒に最後まで見て
一緒に乗り越えて
仲良しの親子になりましょう。

スポンサーリンク

不登校について

ソファの上の母と子

反抗期の時期や不登校の時期は
あなたの意見はNGです。

子供の話を真剣に聞いて受け入れる事です。

そして、反抗期、不登校は人それぞれ違います。家庭環境も違います。

なので今回は、私の実体験を元に思った事、感じた事をお伝えしていきます。

参考にして、あなたと照らし合わせてみて下さい。

性別…女の子
性格…内気、優しい長所…人に気遣いが出来る、面倒身が良い
短所…独占欲が強い、とても寂しがり屋
好きな事…楽しい事
嫌いな事…争い事

そう。私の姪っ子です。

3年生の2学期までは普通に朝から登校していた姪っ子。

年が明けて3学期に入った頃から休む回数が多くなり、立場的に叔母の私は学校を休んだ事に関しては口を出すことはありませんでした。

しかし

姪っ子の先生から電話がかかって来たり!
家庭訪問に来たり!と姪っ子のママもど~していいのか分からず
「○○←(私)からも言ってよ」と相談されました。

子供の話を聞く

姪っ子と話をしてみたところ、次の様な事がわかりました。

1,登校班で意地悪な子がいる。
2,朝行くのが面倒くさい。
3,ママとお兄ちゃんがウザイ。

この事について主人と姪っ子と私で話し合いをしてみました。

1,登校班で意地悪な子がいる。

・誰なのか?
大人が注意をする。

姪→注意してもダメなんだもん。やだ。

2,朝行くのが面倒くさい。

・確かに!
共感するしかないです。^^;

姪→少し微笑む(笑)

3,ママとお兄ちゃんがウザイ。

・反抗期と確信!
どこがウザイか聞いてみると。

姪→全部!

以上の事から
姪っ子は反抗期だと確信したのですが、一般的なら直接自分の母親に

「ウザイ」とか直接ぶつけられればいいのですが、

争い事が嫌いで気を使ってしまう姪っ子は

母子家庭で仕事が忙しいママを悲しませたくない気持ちが邪魔をして

直接言えなくて態度に出していたようです。

直接母親にぶつかってきてくれる子供には母親も真剣にぶつかる事で解決出来る事もあると思います。

しかし、内気で大人しい子供でも「反抗期」はあります。

SOSを見逃さないように
子供の逃げる場所も必要です

解決策を提案をする

話を聞いて理由が分かったら、解決法を話し合いし次の様な提案を出して、実践してみました。

・朝登校班まで主人と一緒に行き見送る。
・1週間朝から行けたらご頬美。
・私の家から登校する。
(姪っ子の家と私の家は10分ぐらいで、姪っ子の2つ下のいとこがいるから)

 

朝登校班まで主人と一緒に行き見送る。

仲が良い主人と姪っ子なので、朝、主人が姪っ子の家に行き登校班まで一緒に行き見送ったのですが…

結果…1日で終わってしまいました。

1週間朝から行けたらご頬美。

ご褒美作戦!まずは1週間行けたら、姪っ子が好きな雑貨屋さんで好きな物を買ってあげる。と言う約束をしてみました。

結果…やはり初日、遅刻してそれっきりでした。

私の家から登校する。

私には小学生の次男がいるのでみしかしたら、と思い
姪っ子に言ってみたところ
笑顔で「うん。」と言ってくれたのでさっそく

姪っ子の母親に連絡して許可を貰い、我が家から登校する事に。

結果…休まずに1週間登校出来ました。それからも1ヵ月、2ヶ月と休まず元気に朝から登校するようになりました。

今現在も我が家から元気に登校しています。

姪っ子が学校を休む理由としてははっきりした事は分からりませんでした。が

小学生と言うこの時期を元気に行けるようになったきっかけが出来た事が嬉しいの一言です。

ちょっとのきっかけで行けるようになるケースもあります。

話し合いをして本人が納得して、実践して、出来る事。出来ない事をみつけましょう。

反抗期の親子

ベッドに興味を持って本を読んでいる母と娘

子供が自分の家に帰って来なくって、親にも近寄るどころか避けられてしまったら

あなたは、「えっ?なんで?どーして?」と言う悲しみと寂しさでいっぱいになってしまうでしょう。

私の姪っ子もその状態です。
学校に行くようになったものの、自分の家に帰ろうとしなく、自分のママにも会いたがらない状態です。

見ている私も姪っ子のママが可哀そうになります。

コミュニケーションの大切さ

では、姪っ子が自分の家に帰らない事について聞いてみると次の様な事がわかりました。

・ママが嫌
・家がなんか嫌
・お兄ちゃんが意地悪

詳しく見ていきましょう。
あなたも思い当たる所があるかもしれません。

ママが嫌

どんな所が嫌なのか?

姪…しつこい。遊んでくれない。自分はゲームばっかり(携帯ゲーム)

家がなんか嫌

何が嫌なのか?

姪…つまんない

お兄ちゃんが意地悪

どんな所が?

姪…今は時々だから優しいけど、毎日一緒にいたら意地悪するもん。

詳しく状況を見ていきましょう。

ママについて

・久々に会う娘にいろいろと聞いたりハグしたり
・どちらかと言うと「仕事人間」のママは子供との遊びが分からない。
・自宅で仕事をしていて、休憩の時にゲームをしている。

自宅について

・ママは仕事
・3つ離れたお兄ちゃんは友達と遊んでる
・近所に仲の良い友達がいない

お兄ちゃんについて

・気分でいばったりする。
・遊んでくれない。

なぜ、私(叔母)の所がいいのか?

・お父さん(主人)が遊んでくれる。
・○○(小学生の次男)がいる。
・○○ちゃんがいる。(近所の友達)

お父さん(主人)が遊んでくれる。

・姪っ子は生まれた時から我が家(叔母の家)にいた。
・時間がある時、休みの日はいつも一緒にいた。

○○(小学生の次男)がいる。

・姪っ子の3つ下で、どこへ行くのも一緒

○○ちゃんがいる。(近所の友達)

・姪っ子の3つ下の女の子で姪っ子になついている

上の2つを見比べてまとめてみると次のような事が分かります。

姪っ子の家

・ママは昔から仕事人間で子供との接し方が下手。
→つまらない。

・遊びたい子供に対して遊んでくれる人がいない。
→つまらない。

叔母に家

・お父さん(主人)がいつも遊んでくれる。
→楽しい。

・弟の様な子がいる。
→楽しい。

 

以上の事から
子供にとって楽しい環境
つまり!
小さい頃からのコミュニケーションがかかわってくることが分かります。

では、小さい頃からあまりコミュニケーションが取れなかった姪っ子とママ
解決策はないのか?

提案をして実践してみました。

解決策を提案する

・週1ぐらいで、皆でご飯を食べる。
・週末家に帰ってくる。

週1ぐらいで、皆でご飯を食べる。

1回目は、丁度姪っ子のお兄ちゃんの卒業があったので、「卒業祝い」と言う名目で皆でご飯を食べる事にしました。

席もなるべくママと姪っ子は近くに座るようにして楽しい時間を過ごせた感じでした。

しかし…ママの仕事が忙しくそれきっりで終わってしまいました。

週末家に帰ってくる。

姪っ子は、イヤの一点張り。

今回姪っ子の反抗期に関しては、周りで大人が小細工しても無駄だと言う事だと思います。

見守る(サポート)する

姪っ子は、自分の意志で、自分らしく、心地良い安心できる場所を決めています。

後は姪っ子本人が自分から「帰る」と言う時まで周りの大人は見守ってあげる事だと思います。

見守る
 無事であるように注意しながら見る
引用先:国語辞典

子供の方から○○して、○○作ってなど、頼って来たときはすぐに行動してあげましょう。

無理なお願い事は、ちゃんと理由を言って納得せる事です。

 

「反抗期?不登校!親子の距離が離れてしまう!母親のやるべきこととは?」のまとめ

子供と遊ぶ女性の写真

いかがだったでしょうか?

今回は、私の姪っ子と姪っ子のママの事を例にあなたにお伝えしてきました。
もう一度簡単にまとめましょう。

 

不登校について

・子供の話を聞く
・大人の意見はNG
・解決策を提案、実行

 

反抗期の親子

・コミュニケーションをとる
・見守る(サポート)する。

消して1人で解決しようとしてはダメです。
そして
消して1人で悩んではダメです。

不登校も反抗期も成長の証拠です。

一緒に話をし、一緒に悩んで乗り越えていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました