横向き専用枕/YOKONE GUとは?横向きのメリット・正しい横向き寝を解説。

必需品
スポンサーリンク

 

こんにちは。

 

横向き専用枕について。YOKONE GU について紹介しますね。

あなたは、寝ている間にいつの間にか、横向きで寝ていませんか?

もしくは、寝るときは、横向きで寝てるって言うあなた。

 

横向きで寝るとメリットがあるんです。

何気ない横向き寝もちゃんと正しい横向き寝があるんですよ。

そしてちゃんと横向き専用枕もあるんです。

 

あなたは、今の枕で大丈夫ですか?満足していますか?

 

・枕の高さは、あなたに合っていますか?

・硬さは、あなたに合っていますか?

・肩こり・首こりなど辛くないですか?

 

たかが枕!されど枕!

 

枕の高さや枕の硬さ、どれでもいい訳じゃないんです。

 

この記事では

・YOKONEGUについて

・横向き専用枕について

・横向き寝、メリット・デメリット

・横向き寝の正しい寝方

 

などについて紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

横向き専用枕/YOKONEGU

横向き 横向き寝の方の為だけに開発した 横向き寝専用枕です!

あなたの横寝にしっかりフィット! 肩こり・いびき対策にもオススメの枕です。

 

仰向き寝と横向き寝では、

必要な枕の高さと形状が

全く違うんです!

 

 

横向き専用枕/特徴

①理想の高さをしっかりとサポート

 

上の写真を見て分かるように

 

横向き寝の良い例では

横向きになった時にあなたの肩がスッポリと枕にはまり、適正な高さでしっかりと

支えてくれるので、安心感があるんです。

 

横向き寝の悪い例では

横向きになった時にあなたの肩と枕に隙間ができてしまいます。

隙間が出来ると言う事は、高さが足りず、不安定な為、

首や肩に負担がかかり、首こりや肩こりになってしまうんです。

 

枕のプロ集団が長年の気づき上げたノウハウを使い、

横向き寝の為だけに作ったこだわり枕なんです。

 

②いろんな寝方に対応

 

 

意外と横向き寝の時って手の位置が収まらなかったりする悩みを解決してくれます。

 

 

少し枕をずらして使うと、包まれている感じで、安心感があります。

 

 

抱き枕としても使えます。

あなたの体にフィット!それでいて、寝返りもスムーズに出来るので

寝返りの時に、目を覚ます事も軽減されます。

 

③高さ調整が可能

あなたにピッタリの高さが可能なんです。

 

あなたに合った高さに変更ができる枕なんです。

 

 

上層の粒綿は、優しく安眠を約束してくれるでしょう。

下層のソフトタイプは、弾力性と通気性に優れています。

 

横向き専用枕/メリットとは

 

どーして、横向き専用枕があるんでしょうか?

横向き寝にメリットがあるからなんです。

 

 

 

①イビキ軽減

 

舌の落ち込みを防ぐので、呼吸がしやすくいびきをかきにくくします。

横向きでは舌が気道をふさぐことがないので、空気が入りやすくいびきをかきにくい姿勢です。

また肥満や扁桃腺の肥大によって気道が確保しずらい方や睡眠時無呼吸症候群の方にも、

横向きで寝ることが推奨されます。

無呼吸症候群について

少しでも、知っておいて下さい。

他人事では、ないんです。

 

 

②腰痛の緩和

・妊婦さんや腰痛持ちの方にも、横向き寝はおすすめです。

・低反発のマットレスやぺちゃんこになった敷布団で仰向けになると、腰に大きな負担を与えることになり、腰痛が悪化してしまいます。

・横向き寝ならば、腰の角度を自由に変えることが出来るので、身体を動かしながら自分にとって一番楽な姿勢を探すことが出来ます。

あなたの体型に合った枕やマットレスを使って、背骨が真っすぐになるように正しい横向き寝の姿勢が腰痛の緩和につながります。

 

睡眠は、健康にも関わるものです。

是非、あなたに合った枕で

健康な毎日へ。

 

 

横向き専用枕/正しい横向き寝の方法

 

横向きで寝るのが好きなあなた、正しい横寝の姿勢って知っていますか?

肩の位置や左右のどっちを上にした方がいいのか?

わからないという方も多いと思います。

 

横向きに寝るのが好きなのに、なんだかしっくりこないという事ありませんか?

まずは、正しい横向き寝の方法について、紹介しますね。

 

①肩や腰に負荷がかからないように

 

横向きの姿勢で寝ると、当然左右のどっちかが下になります。

そーなると

どちらが下になったとしても、仰向けのときより肩や腰に負担がかかってしまいます。

 

その理由は、仰向けに眠ったときよりも、身体を支える面積が狭くなるからです。肩や腰にかかる負担も大きく、横向き寝をしたら腰が痛くなったという方もいらっしゃいます。

 

では、どのようにすれば改善できるのでしょうか?

横寝をして肩や腰が痛い場合、マットレスが硬すぎるということが原因の一つとして考えられます。

 

体圧分散機能効果のあるマットレスを購入することが、改善方法として有効です。

 

肩や腰など、一部分に負荷がかかりすぎないように、身体にかかる負担を分散させてくれる

マットレスなら、寝心地を改善することが出来ます。

 

寝心地が改善すれば、横寝のポーズが安定しますし、寝返りも打ちやすく、肩の位置が固定されることもありません。

 

②首から背中まで真っすぐに

 

横向きで寝る正しいポーズは、どちらが下かというより

首から背中が真っすぐになることが重要です。

 

 

枕に頭を乗せたとき、首から背中まで真っすぐになっていれば正しい寝姿勢です。

この状態であれば、首への負担を軽減することが出来るので、

横向きで寝た時の睡眠の質が向上します。

逆に、真っすぐでないのであれば、枕が合っていない可能性が大です。

 

現在、横向き寝用の枕も多く販売されていますので、そちらを検討するのも一つの方法です。

出来れば、寝具専門店へ行き、実際に試してみると良いでしょう。

 

・左右どっちを下にしても落ち着いて眠れそうか、肩の位置はどこにあるか。

・仰向けになったときの寝心地はどうか。

 

実際に試してみないとわからないことはたくさんあります。

使う人の体型や好みによっても、選べる素材や硬さも異なります。

店員さんと相談しながら、あなたの身体に合うものを選んでくださいね。

 

 

③右下or左下

 

<右下の場合>

身体の右側を下にして寝るポーズの場合、心臓が上になります。

また、臓器の中でも重さのある肝臓が右側にあるので、右側を下にして寝る姿勢をとれば、

心臓への負担を軽減することが出来ます。

さらに、胃や腸などの消化器官は右側に出口があるので、

消化器系の働きを活発にすることが出来ます。

 

<左下の場合>

左側を下にして寝る方法は、リンパ液の分泌を促進させると考えられているんです。

リンパ液の分泌が活性化されると、身体に溜まった毒素や老廃物をスムーズに

排出することが出来るんです。

 

右下が良いか、左下が良いかは、正直好みの問題になってきます。

肩の位置などを調整しながら、入眠しやすい姿勢を探してみてください。

私たちは眠っている間に何度も寝返りを打ちますよね。

寝返りを打って、仰向けになりやすい方を下にしても良いとおもいます。

左右のどっちを下にしても、一晩中同じ姿勢にならない限り、

健康に著しく悪影響を及ぼすものではありません。

 

ぐっすり眠れることが大切ですから、眠りやすい横向きのポーズが一番なんです。

 

まとめ

 

<横向き寝のメリット>

  • いびきを軽減できる
  • 腰痛の緩和

 

<正しい横向き寝の方法>

  • 肩や腰に負担がかからないようにする
  • 首から背中まで真っすぐになるようにする
  • 肩の位置を右下にするか、左下にするかは好みでOK

 

<枕>
首筋の隙間にフィットする枕。

硬さはお好みですが、高すぎず低すぎず、ちょうど良い高さの枕を選んでください。

素材は出来るだけ、清潔を保てるものが良いです。

また、寝返りが打ちやすいように幅広サイズを選ぶことをおすすめします。

 

横向き寝まくら「YOKONE Classic(ヨコネ クラシック)」

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました