ウォーターサーバーの人気の秘密!メリットとデメリットについて。

必需品
スポンサーリンク

 

 

こんにちは。

 

ウォーターサーバーの人気の秘密!メリットとデメリットについて。 と言う事で

今は、かなりの割合で自宅にウォーターサーバーを使っている方がいますが

実際、ど~なんでしょうか。

ウォーターサーバーの人気の秘密!メリットとデメリットを見ていきましょう。

 



スポンサーリンク

ウォーターサーバーのイメージ

 

ウォーターサーバーのイメージとしては、あなたはどんなイメージがありますか?

もしかして↓こんなイメージありませんか?

・お金持ち

・健康に気を使ってる

・赤ちゃんのため

・お店や会社に置いてある

などなど

 

ウォーターサーバーは高いと言うイメージが強いらしく

自宅にウォーターサーバーがあると

ニヤリ子
ニヤリ子

お金に余裕があるのねぇ~

 

と声が聞こえて来るようなイメージがあるようです^^;

 

また、普段から健康に気を使ってる方は

ニヤリ子
ニヤリ子

まぁ 健康に気を使ってるから

食べ物や飲み物にも気を使っているのねぇ~

と聞こえてきそうですね^^;

 

赤ちゃんが生まれたお家だと

ニヤリ子
ニヤリ子

赤ちゃんが生まれたからって…

昔はウォーターサーバーなんか無かったのにねぇ~

出ました!なんでも「昔は~」と言う決め台詞。

 

皆さんが、ニヤリ子さんみたいな人ではないんですが

近いイメージをもっている方もいるんではないでしょうか?

 

しかし、そのイメージは、古いんですよ!

 

 

今のウォーターサーバーとは?

ニヤリ子さんの古いイメージを、変えるためにも、

今のウォーターサーバーについて紹介します。

・ウォーターサーバーは「高い」

「高い」と言うには、水代・レンタル代・電気代など総合的に「高い」と言うイメージが

あるようなので、「水代」・「レンタル代」・「電気代」一つずつ見ていきますよ。

 

<水代>

2500円~4000円ぐらいでした。

3000円前後辺りが、一番利用者が多かったです。

 

<レンタル代>

ほぼ、どこも0円でした。

 

<電気代>

月の電気代は

330円~700円でしたが、

500円前後が多かったです。

 

<省エネ>

ほとんどのウォーターサーバーに、省エネは

ついていました。

 

<サポート>

0円~400円でしたが

ほぼ、ほとんどが0円でした。

 

<配送料>

ほぼ、0円でした。

 

表にすると、こんな感じです。

 

水代 レンタル代 電気代 省エネ サポート 配送料
3000円前後 0円 500円前後 0円 0円 0円

以上をみると

けして、お金持ちの人じゃないと、出来ない金額ではないんです。

健康に気を使っている

これは、その通りです。

天然水やミネラルウォーターにこだわりを持つ方もいますが、

 

・手軽に、いつでも、冷たい水が飲めると言う事は、子供から大人まで幅広い方の

脱水症状防止になるんです。

 

・手軽に、いつでも、冷たい水が飲めるので、ジュースなど飲まなくなって

行く。と言う話もよく聞きます。

 

・手軽に、いつでも、冷たい水が飲めるので、何回も冷蔵庫の中の麦茶を

取りに行かなくてすむ。と言う話も聞きます。

 

手軽に、いつでも、冷たくて、美味しい水 なんです。

 



 

お客様が来たとき

 

急に、お客様が来た時なども

夏には、すぐに、冷たくて美味しいお水が出せます。

冬には、粉末のお茶を用意しておけば、すぐに、暖かいお茶やコーヒーが出せます。

 

保険の方やお友達にも、喜ばれています。

 

赤ちゃんが生まれた

 

ウォーターサーバーの導入のきっかけの1番は、「赤ちゃんが生まれたから」

では、ないでしょうか?

 

<安全>

水道水が安全じゃない訳じゃないんです。

ウォーターサーバーの天然水は、軟水と言う事で、赤ちゃんのミルク作りには

最適なんです。

 

<時短>

・わざわざ、お湯を沸かさなくていいので、ミルク作りの時短になります。

・夜中のミルク作りが楽になります。

 

夜中のミルク作りは、思っている以上に、大変です。

ウォーターサーバーは、赤ちゃんの為だけじゃなく

ママ、パパの為にも、最適なんです。



ウォーターサーバーのデメリット

 

多かったのが

 

ウォーターサーバーの置く場所がない

➡・全体的にスリムなデザインになっています。

・卓上タイプとかもあります。

いろんなタイプやデザインがあるので、インテリアとしても

おしゃれです。

 

1番多いのが

ボトルが重い

・女性や高齢者は、ボトルが重くて大変。

・ボトルを交換する時に、腰を痛めた。

など、ほとんどのウォーターサーバーは、12Lのため、

女性や高齢者には、問題のようです

➡メーカーによっては、ボトルを足下に設置する「下置き」タイプなどもあります。
また、水を7L程度のものにすれば、それほど重くないので交換するときの苦労を軽減できます。

 

 



 

まとめ

ウォーターサーバーについて

今は、ほとんどのご家庭で見かけるウォーターサーバーです。

 

・健康のため

・お客様が来た時

・手軽さ、いつでも、冷たい水が飲める環境へ

 

デメリットは、メリットに変えられます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

らん

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました